読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天皇賞春!

◎6シュヴァルグラン

○12ゴールドアクター

▲10アドマイヤデウス

△3キタサンブラック

△7アルバート

△15サトノダイヤモンド

気を取り直して…

プロキオンSは完敗でした!デムーロでしたね…

さぁ気を取り直して

今日は皐月賞です!

ファンディーナが69年ぶりの偉業達成に挑みます!この馬は間違いなく1番人気ですがどうでしょうかね。

私の予想は…

◎11アルアイン

○8ファンディーナ

▲1マイスタイル

△4カデナ

△7ペルシアンナイト

△10ダンビュライト

ファンディーナの偉業達成は確かに見たいのは確かですが、実際出てきていないのも事実です。

だからここは人気の盲点になっている牡馬から狙いたいと思います。

本命は人気的に穴のアルアインです。

距離延長はプラスでしょうし、シンザン記念は敗れた馬が後に重賞好走するようなレースだったので度外視でいいでしょう。

トライアル組が人気を集める中敢えてここから狙ってみたいと思います。

対抗はさすがにファンディーナ。

以下、

展開、枠順で向きそうなマイスタイル。

弥生賞のレベル疑問符も何だかんだ強いカデナ。

デムーロペルシアンナイト。

相手なりに走るダンビュライト。

この辺を狙ってみます。

ファンディーナが来たらしょうがないですね

 

 

中山GJ予想!

オジュウチョウサン一強ムードの今年の障害G1。相手選びがポイントになりそうです。

私の予想は…

◎6アップトゥデイト

○12オジュウチョウサン

▲8メイショウヒデタダ

△4タイセイドリーム

△5サンレイデューク

△7ルベールノエル

得意の中山ならアップトゥデイトの復活あるのでは!?

 

アンタレスS予想。

早速予想します!

◎7モンドクラッセ

○13アスカノロマン

▲15タムロミラクル

△1マイネルバイカ

△3ミツバ

△6グレンツェント

△10モルトベーネ

本命はズバリ!モンドクラッセ

前走勝ちから斤量2キロ減は大きいと思っていて、ピオネロ(名古屋大賞典2着)を破っているので価値はあります。

現在5番人気ということで妙味ありと思い狙ってみたいと思います。

以下、

地方G33着のあるマイネルバイカ

昨年2着馬アスカノロマン。今回は昨年より斤量1キロ減ならチャンス有りかと。

阪神(1-1-1-0)のタムロミラクル。

最近成績の安定しているミツバ。

実績断然も斤量58キロはキツいグレンツェント

デムーロ効果でモルトベーネ。 

 

 

阪神牝馬S予想。

牝馬限定重賞は荒れるイメージがありますが…早速予想します。

◎6ミッキークイーン

○15デニムアンドルビー

▲5トーセンビクトリー

△3クイーンズリング

△6ジュールポレール

△11アットザシーサイド

本命は1番人気ミッキークイーン

阪神は5戦して全て連対。今まで着外は牡馬混合G1の2回と牝馬限定のG2なら負けられないでしょう。距離が短い気もしないではないですがまず馬券には絡むと思います。

以下は正直横一線の可能性で何が来てもいい気がしています。

前走から斤量1.5キロ減、得意の阪神で妙味のあるデニムアンドルビー

前走重賞勝ちもそこまで人気になっていないトーセンビクトリー

何だかんだでG1馬クイーンズリング

阪神マイル2戦2勝のジュールポレール

桜花賞3着のあるアットザシーサイド

でいってみようと思います。

手広くというと全通り買わないととなりそうなので…

 

 

 

 

日経賞回顧。

日経賞結果です。

1.△13シャケトラ

2.▲11ミライヘノツバサ

3.◎10アドマイヤデウス

3連単163710円的中!

いかにも前哨戦といった着順でした。

本命アドマイヤデウスはなんとか3着に滑り込みました。勝たないけど着には入って来ますね。個人的にはG1で負けた後の秋初戦のG2まで買うのは待とうかと思います。

シャケトラは僅か5戦での重賞制覇となりました!この勢いならG1制覇もあるかもですね♪ 

2着に中山巧者ミライヘノツバサ。思ったより人気が無くてオイシイ配当となりました。

あとゴールドアクターですが、休み明けながら不本意な結果でした。次次第ですが歳なのかもしれませんね。

高松宮記念回顧

有力馬が挙って回避した高松宮記念でした。

一気に馬券妙味のあるレースになりました!

…と思いましたが、今回は上位人気馬で決まるだろうと思い「見」させてもらいました。

結果は、

1.セイウンコウセイ

2.レッツゴードンキ

3.レッドファルクス でした。

前走重賞で好走と勢いのあった2頭と昨年の短距離G1馬という実績馬での決着でした。

1着は前走ダンスディレクターの2着だったセイウンコウセイ。今回のメンバーの空いて関係を見ると結構上位だったように思います。

納得の行く1着です!

2着に短距離にシフトしてきたレッツゴードンキ。この馬が2番人気なのは意外でした。

3着に香港スプリントぶりのレッドファルクス。中京はやっぱり走ります。

個人的に4着のティーハーフにビックリでした。

ただ短距離界はまだ混沌としているのも事実です。ビックアーサー、ダンスディレクターが入った時にどうなるのか見物ですね!